競馬に20年投資した競馬予想師-ユキちゃんのブログ

【競馬に20年投資した競馬予想師】
4/7配信分 阪神11R 桜花賞(GⅠ)ホースマン 結果


阪神11R 桜花賞(GⅠ)

今週のメイン:ホースマン

3歳戦では安定した成績を残します
実際にみんなに提供した予想内容はコチラ!
…………………………………………………………………………
【予想買い目】

【本 命】4 クロノジェネシス
【相 手】8、9、14、15
【券 種】3連複
【買い目】
1頭目:4
2頭目:8、9、14、15
3頭目:1、3、8、9、12、14、15、16

点数 22点


【予想内容全文】

いよいよ3歳春のクラシックが始まります。
第一弾の桜花賞ですが、今年は昨年2歳の番付そのままで大きく変動はなさそうです。
2歳G1で朝日杯に出走したグランアレグリアが桜花賞に出て来るので、阪神JF組のどこに割り込んでくるかといったところが見どころ。
今年の桜花賞本命ですが4番クロノジェネシスとしました。
やはり阪神JF組とグランアレグリアが抜けているメンバー。
その中でクロノジェネシスを本命としたのはここまでの調整過程がその他2頭に比べて最も順調だからです。
クイーンCでも阪神JFで3着のビーチサンバを引き連れての優勝。
今週の追い切りもこれまでと変わらない調整でこのG1の舞台で能力が発揮できる状態です。
先行しても、後ろからでも競馬ができて流れに左右されないのも魅力。
昨年から北村友Jの騎乗技術も格段に進歩しており、今年は重賞の常連に。
平成最後の桜花賞を締めてくれそうです。
相手は休み明けだけが不安ですが、朝日杯3着はここでは最上位の8番グランアレグリア。
唯一の上がり馬から、お姉さんに桜花賞4着馬のクイーンズリング。
お姉さんよりもさらに末脚に磨きがかかっている9番アクアミラビリス。
血統構成が◎馬と似ており、いつも一緒に突っ込んでくる14番ビーチサンバ。
阪神JF、チューリップ賞と連勝し実力はこの中では疑う余地なし。
ただ調教時計がこれまでよりも上がりがかかり、最終追いを芝コースとこれまでと仕上げ方を変えた15番ダノンファンタジーは評価を下げて相手としました。
馬券はクロノジェネシスから3連複で勝負です。

払戻金

3連複 5,990円

レース結果

1着⑧グランアレグリア
2着⑯シゲルピンクダイヤ
3着④クロノジェネシス



▼▼▼サイトを詳しく見る▼▼▼