競馬に20年投資した競馬予想師-ユキちゃんのブログ

【競馬に20年投資した競馬予想師】
6/21配信分 門別12R 第4回 ヒダカソウカップ 結果


門別12R 第4回 ヒダカソウカップ


地方競馬プレミアム



地方競馬プレミアムより。
今年で4回目を迎えるヒダカソウカップの予想でした!
門別の牝馬マイル重賞ということで
女王の座を競うレースね! ウフフ


それでは実際の予想と見解を見て下さい♪
…………………………………………………………………………
【予想買い目】

【本 命】2番アップトゥユー
【券 種】3連単1頭軸流しマルチ
【買い目】
軸馬:2
相手:3,6,8,9,11


点数 80点

【予想内容全文】

◎2番アップトゥユー
△3番ジュンアイノキミ
△6番ディナスティーア
△8番ジュエルクイーン
△9番アルティマウェポン
△11番クオリティスタート

本日の門別最終は牝馬限定のヒダカソウカップ。
ヒダカソウをウィキペディアで確認すると日高山脈に生息する固有種とのこと。

高山植物の一種らしい。
絶滅危惧種に指定されているとのことだが、最近は復活が多いので大丈夫だろう。

今が花が咲く時期らしく画像で見る限りではそこら辺にありそうな花だ。
背景が岩肌の山中で生息するようなので、現地で見ると可憐に見えるのだろう。

そんな可憐さを競う、訳ではないが牝馬に美は一定必要である。
人気になる馬には美しさが伴う。

南関で活躍した私好みの2番アップトゥユーから入ろう。
浦和桜花賞で1番人気を背負うも大敗。続く東京プリンセス賞は2着と実力を発揮。

さらに関東オークスで5着に粘るなど3歳春の時点ではトップクラスの戦績であった。
ところが期待された秋以降、どうにも走るのをやめるレースが続く。

中央に例えるとメイショウマンボの後年のようなイメージだ。
ここで立て直しが行われるかどうか。

前走4番人気からも過剰人気はない。
その上56kgを背負う点からも本命視する向きは少ないだろう。

しかし、前走を見ると今回は追込み一手に出ると見る。
気持ちの問題が大きな敗因ではあるが、走りっぷりからはギリギリまで本気を出さない、という選択肢を取ってくるはずだ。

終いの豪脚一閃、新境地が見れると判断し軸で勝負に出る。

相手は順当なところを選択しよう。

3番ジュンアイノキミはエンプレス杯にも出走している。
叩き3走目、立ち回りで入着なら十分見込める。

6番ディナスティーアはスプリントが主戦だが、
このメンバーならスピードの違いで押し切る可能性も否定できない。

8番ジュエルクイーンは実績から本命視される方も多いだろう。
距離が短い気がするので相手までに留めておく。

9番アルテマウェポンは中央からの移籍組。
右回りなら見限る必要はない。

最後に3連勝の11番クオリティスタートは順当に加えておく。

馬券は2番アップトゥユーから3連単1頭軸相手5頭をマルチ60点で勝負!!


払戻金



レース結果

1着⑥ディナスティーア
2着②アップトゥユー
3着⑧ジュエルクイーン



▼▼▼サイトを詳しく見る▼▼▼